api

書籍検索APIの比較 オススメは楽天ブックス書籍検索API

現在、ビジネス書版FilMarksを目指して、ビジネス書レビューサイトを作成しています。

その際に、書籍情報を取得するために複数のAPIを試した結果を共有します。

結論から言うと、『楽天ブックス書籍検索API』を使用しています。

評価ポイントは、3つです。

  • 実装の容易さ
  • 書籍情報量
  • 書籍情報の質

書籍検索API(Google Books API)

Google Books APIの評価

実装の容易さ:★★★★★
書籍情報量:★★★★
書籍情報の質:★★★

Google Books APIの感想

単純に書籍情報が欲しいという方は、とても使いやすい思います。

リファレンスも多くわかりやすい。

ただし、本に一意に振られている世界標準規格であるISBNコードがバラバラです。

`978-xxxxxx`にハイフンがあったり、なかったり。

そもそも、ISBNコードがなかったりもします。

階層が深く、同じようなデータがいくつも存在するので扱いは注意です。

書籍検索API(Amazon Product API)

Amazon Product APIの評価

実装の容易さ:★★
書籍情報量:★★★★
書籍情報の質:★★★

Amazon Product APIの感想

レスポンスがXMLオンリーなので、実装が辛いです。

JSONを用意してくれい。

URLにアクセスしてみるとわかるが、いきなり登録を求められます。

API使う前の準備も不親切。

普通、APIの内容を確認してから、登録するでしょうに。

AWSでKeyを取得したり、アフィリエイトが別になっていたりととにかくめんどくかった。

書籍検索API(楽天ブックス書籍検索API)

楽天ブックス書籍検索APIの評価

実装の容易さ:★★★★
書籍情報量:★★★★★
書籍情報の質:★★★★★

楽天ブックス書籍検索APIの感想

テストAPIページみたいのもあり、触りやすい。

アフィリエイトリンクがあるので、アフィリエイトやりたい方はこっち。

日本企業ならではなのか、Google Books APIよりは情報が多い。

階層が浅く使いやすい印象。

ただし、API自体が整理されていない。

例えば、特定の書籍のランキングを取得した時と本の検索では異なるAPIを使用しなければならない。

また、そのレスポンスの構成は違う。

 

書籍検索APIの総評

どのAPIも一長一短ありますが、楽天書籍検索APIをオススメします。

どちらにせよ、APIで情報を取得するのは当たり前になってきています。

APIの設計思想を知るというのも大事なので、エンドポイントやレスポンスも細かく見ていくと勉強になると思います。

ABOUT ME
ロッピー
コンサルタントから2018年にエンジニアに転向。年収400万円のサラリーマンエンジニアから、半年で月収100万円を稼ぐエンジニアになった。 Python、Golangなど単価の高い言語を得意とする。