career

【徹底解説】経験者が語るSESとフリーランスの違い

SESとフリーランス

SESとフリーランスの違いについて詳しく解説したいと思います!

SESとは

SESとは、「システムエンジニアリングサービス」の略で、客先に社員を派遣してお金をもらう契約形態のことです。

ビジネスモデルの一つです。

私は、小さい会社に勤めていましたが、大手Web系ベンチャーに派遣され機械学習のお仕事をしていました。

機械学習以前に、プログラミング自体ほぼ経験がありませんでした。

SESのメリットとデメリット

大手や有名企業の仕事をすることができる

派遣先の多くが、大手や有名企業です。

お金がないと人を入れることができないし、なるべく単価の高い企業で働いてもらった方がSES企業にメリットがあるからですね。

良くも悪くもSES企業次第で仕事が決まる

これは普通に正社員として入っても同じですが、派遣先はSES企業によって決まります。

例えば、私のいたSES企業は派遣先は一つでした。

フリーランスとは

フリーランスとは、個人が直接もしくは企業を通して仕事を請ける仕事の仕方です。

SESの個人版がフリーランスといってもいいと思います。

フリーランスのメリット・デメリット

仕事を自分で選ぶことができる

やりたい仕事、やりたくない仕事は本人委ねられます。

収入が社員として働いている時よりも多くもらえる

一般的にフリーランスの方が収入があがります。

それは、仕事の報酬の中抜きが少ないからです。

しかし、税金などの支出も増えるので注意です。

 

IT業界では、正社員をプロパー(新卒をプロパーということもある)といい、

他の企業から派遣してきている人をパートナーと呼びます。

 

前職がSIerでパートナーをマネジメントしていたので、逆に自分がパートナーとして仕事するという両方の立場から仕事をすることができたのは非常に良い経験になりました。

プロパーとパートナーの違い

責任のレベルが違う

基本的に何か障害を起こした場合、プロパーが責任を問われる。管理者であるプロパーが責任を引き受けるのは当然のことである。
私自身、プレッシャーに弱いため責任に問われにくいという環境は精神衛生的によかった。もちろん、パートナーは障害調査や修正するので全く関係ないわけではない。また、責任者であるプロパー社員から原因をしつこく聞かれる。

プロパーとパートナーに壁を感じる

プロパーとパートナーの全員(約200人)が所属するSlackがあるのですが、そこで発言しづらかったです。うまく言葉にはできないのですが、思っていることがあっても遠慮してしまいます。「立場なんか関係ない」と思い、私も遠慮しないで発言したのですが、古参のプロパー社員からマサカリが。。。
すかさず、言い返そうと思ったのですが、ふと我に帰り、その方の名前を検索してみたら社内外でも有名人で、それなりの地位にある方だったので慌てて殻に閉じこもるかのように発言を控えましたwww
あとから、仲良くしていたプロパー社員から「よくあそこで発言したな。パートナーで発言したのは君くらいだ」みたいなこと言われて嬉しかったの思い出します。
正しいことを発言するにしても、出しゃばり、有用な発言の線引きは難しいですね。

 

ビジネスへの意識

プロパーは、自社の売上や利益に貢献すべきために仕事しています。対して、パートナーは、プロパーを助けるために働いています。パートナーの多くが勘違いしてしまうのが、「パートナーは、プロパーの手足になること」が仕事だと思うことです。まぁ、間違っていないのですがこの思想はプロパー社員が常に正しいことを言っている時に限ります。
プロパー社員も人間なので誤った指示も少なくありません。
だからこそ、派遣先のビジネスを良く知る必要があるのですが、エンジニアの性分として目の前のシステムを動かすことに目がいきがちで、ビジネス視点がおろそかになりがちです。
パートナーだったとしても積極的に仕様や設計に関わっていくことが重要ですね。

なぜ、フリーランスになるのか。

お金

長々、書いてきたが結局はお金である。
そもそも、SES企業で低賃金で働く意味がないと私は思います!
自社のプロダクトを開発しているとか、自社で作業しているとかならわかるが、基本的に客先に常駐しており自社に戻るのも週に3時間くらいである。
自社に愛着など全くわかない。自社を経由せず、レバテックなどの営業を通して全く同じ現場に参画する(転籍という)と額面ベースでだいたい2〜3倍違う。

ちなみに、私は派遣先の現場は働きやすく、仕事も面白かったので転籍を考えていたが、話がうまくまとまらず断念した。これは、派遣先から断られたというより自社から「転籍したら現場の役員に話す」みたいなことを言われた。
別に私自身、「話せば」という感じだったので転籍しようと考えたが、派遣先の責任者が役員会に引っ張られるということを聞き、流石に迷惑はかけられないということで諦めた。
あと、良くわからない取り決めで6ヶ月くらいは派遣されていた現場の案件には関われないらしい。

職場環境

社長が特に面倒臭かった。
どうやら、採用する時点から「すぐ退職する」と思っていたらしい。まぁ、思われているのはしょうがないのだが、問題はそれを事あるごとに言ってくるのが面倒くさかった。
tech crunchのスタートアップが会するイベントに参加したいと伝えたら「早期退職を助長するイベントなので却下します」ということを普通に言ってくる。
入社前に説明がなかったにも関わらず、試用期間中は2万円給料を減額された。
あと、私自身見習いという形で入社した。だから、給与は普通の社員より低かった。入社前に「スキルレベルがあがったら、冬のボーナスで調整する」と言われていた。スキルもかなりあがっており、現場からの評価もかなり高かったのだが「たった数ヶ月ではスキルはあがらないので給与はあげられない」と言われた。これは、最初から給与を上げる気なかったんだとしか思えない。

フリーランスになって変わったこと

週4で働くことにした

前々から、週5勤務することに疑問を感じていたので週4にした。
週4でも会社員の時より給与は高い。

やりたい仕事は選べる

やりたい言語や業界を自由に選べる。
私自身こだわりが特にないし、思い入れの強い言語やフレームワークもないので挑戦してみてつまらなかったら次は違うものに挑戦することができる。

常に仕事を探しておく必要あり

短い案件で1ヶ月、長くても6ヶ月くらいの契約なので、常に案件を探しておく必要がある。
レバテックなどのフリーランスの営業サービスが充実しているので多分困ることはない。

まとめ

2018年4月から10月までの話はこちらに詳しくあります。

未経験でエンジニアに転職して半年たった!未経験でエンジニアに転職して半年がたった ちょうど、昨日で未経験からエンジニアに転職して半年が経ちました 単刀直入に言うと、転職...
ABOUT ME
ロッピー
コンサルタントから2018年にエンジニアに転向。年収400万円のサラリーマンエンジニアから、半年で月収100万円を稼ぐエンジニアになった。 Python、Golangなど単価の高い言語を得意とする。