career

プログラミング未経験者こそ、機械学習でエンジニアの価値を上昇させるべき!

プログラミング未経験から機械学習エンジニアを目指すべき理由について説明します。

機械学習というなんか難しそうだし、未経験者には手が出ない領域だと感じると思います。

確かにハードルは高いですが、なんの検討もなし選択肢を捨てるのは勿体無いです!

機械学習エンジニアは体系的に知識やスキルが身に付く

機械学習エンジニアは、アルゴリズムや数学といった専門的な内容だけ知っていればいいわけではありません。

機械学習は、単体で動くものではなくアプリに組み込むためWebアプリなどにも精通している必要があります。

また、大量データを扱うことが多いためデータ量をさばくためのソースコードの質にも気を遣わないといけません。

また、昨今の機械学習はクラウドありきですのでAWSやGCPといったクラウド知識も求められてきます。

他にもあげたらきりがないですが、機械学習エンジニアとしてやってこうと思ったら幅広く深く知識を求めれます。

詰め込みすぎかなと思いますが、これを全部やれるエンジニアは中々いません。

現役エンジニアでも苦戦するレベルなのでできないのが当たり前だと思ってもらえます。

そこでスピード感をもって、一つずつ身につけていけばすぐにレベルの高いエンジニアになれます。

機械学習エンジニアの単価は高い

機械学習エンジニアの単価相場はかなり高めです。

少し経験あれば、普通に月額80万円に届きます。

プログラミングスクールなど高額な勉強代やアルバイトレベルの賃金で見習いで働いたとしてもすぐ取り返せるのが機械学習という分野です。

ABOUT ME
アバター
ロッピー
コンサルタントから2018年にエンジニアに転向。年収400万円のサラリーマンエンジニアから、半年で月収100万円を稼ぐエンジニアになった。 Python、Golangなど単価の高い言語を得意とする。