python

Python サーバレスアプリ作成 chaliceでLambdaとAPI Gateway連携

サーバレスアプリが流行ってきていますね。

Pythonでサーバレスアプリを作る際に、AWS LambdaとAPI Gatewayを楽に構築する方法をご紹介します。

chaliceというフレームワークをご紹介します。

チュートリアルをやってAWS LambdaとAPI Gatewayとの連携ってこんなに楽なんだということを感じましょう。

chaliceの概要

python製のサーバレスアプリ開発のマイクロフレームワークです。

chalice(チャリス)と読み、杯という意味です。

簡単かつ素早くAWS Lambdaなどのサービスを使うことができます。

chaliceの特徴

  • コマンドラインからプロジェクトの作成、デプロイ、管理ができます。
  • AWS各種サービスを統合するためのデコレータAPIです。
  •  IAM Policyの自動生成

chaliceでAWS LambdaとAPI Gatewayを作成する準備

chaliceのインストールにVirutalEnvを使う

python3.6以上である必要があります。

virtualenv ~/.virtualenvs/chalice
source ~/.virtualenvs/chalice/bin/activate

chaliceプロジェクトを作成

chaliceコマンドで、プロジェクトを作成します。

${sample-project}の部分はapi名にしておくとよいです。

chalice new-project sample-project

cd sample-project

chaliceのデプロイ

chalice deploy

chaliceでデプロイしたAPIの接続確認

curlコマンドで生成されたAPIにアクセスします。

curl以降の部分は、deployコマンドを打ったあとに表示されるURLを指定してください。

curl https://XXXXXXXX.execute-api.ap-northeast-1.amazonaws.com/dev/

chaliceで作成したLambdaとAPI Gatewayを確認

AWSにログインしてLambdaとAPI Gatewayを確認してみましょう!
ちゃんと作成されていますね。

ABOUT ME
アバター
ロッピー
コンサルタントから2018年にエンジニアに転向。年収400万円のサラリーマンエンジニアから、半年で月収100万円を稼ぐエンジニアになった。 Python、Golangなど単価の高い言語を得意とする。