ruby

Ruby on railsにgraphqlをインストールする

graphqlをrailsで使ってみたい。
ただ、ruby環境ありき、rails環境ありきで解説が始まっていることが多いので、
ruby on rails のインストールからgraphqlをインストールして、APIを叩くところまでいきます。

 

graphqlとは

私の理解では、REST APIの亜種。。。

REST APIと違って、エンドポイントが少なくて済むので管理がラク!

(もっと勉強します。)

 

Ruby on Railsをインストールする

homebrewのインストール

homebrewが、すでにインストールされている方は飛ばしてください。
homebrewをインストールすることで、

様々なソフトウェアのインストールをコマンド1発でできるようになります。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

 

rbenvのインストール

rbenvでRubyのバージョンを管理します。
rbenvはバージョン管理ツールで、私たちは好きなバージョンを指定して使うことができます。

$ brew install rbenv

Rubyのインストール

まず、2018年8月時点で安定版であるv2.5.1をインストールします。

 

$ rbenv --version

$ rbenv install --list

$ rbenv install -v 2.5.1

$ rbenv versions

# Rubyインストールリストの更新
$ brew upgrade ruby-build

 

Railsのインストール

いよいよ本丸のrailsをインストールします。

プロジェクト名は、graphqlにしました。(まだ、graphqlのインストールではない。)

$ gem install rails

$ rails new graphql -d mysql

$ cd graphql

$ vi Gemfile

 

Graphqlのインストール

Gemfileに追加

$ gem 'graphql'

installコマンドを叩く

$ bundle install

rails-graphqlのインストール

rails generate graphql:install

叩いてみる

curl -X POST http://localhost:3000/graphql

 

20手順くらいで、全部インストールできるのは素晴らしい。

graphqlをどんどん市民権を得てきているので、実際の開発現場でも触れる機会があると思います。

しかし、graphqlをしっかりやってる方は割りと少なそうなので、

他の人を出し抜くチャンスです!

ABOUT ME
アバター
ロッピー
コンサルタントから2018年にエンジニアに転向。年収400万円のサラリーマンエンジニアから、半年で月収100万円を稼ぐエンジニアになった。 Python、Golangなど単価の高い言語を得意とする。