settings

【Linuxbrewの決定版】Linuxにhomebrewをインストールする方法

Linuxbrewのインストール方法を解説します。CentOSでもUbutuでもいけるはずです。

他のサイトを調べて見ても結構古くなっていて、動かなかったりしたので最新手順を書きます。

Linuxbrewとは

Linuxbrewは、Linux向けにhomebrewをフォークしたものです。

homebrew2.0.0がリリースされ、正式にLinuxをサポートすることになりました!

LinuxbrewのCentOS、Ubuntuへのインストール方法

curlやgitなどインストール

公式の手順にはありませんが、linuxbrewインストール時にエラーが出ないように入れておくと良いでしょう。(curlは最低限必要です。)

cent

yum groupinstall ‘Development Tools’ && sudo yum install curl git m4 ruby texinfo bzip2-devel curl-devel expat-devel ncurses-devel zlib-devel

ubuntu

sudo apt-get install build-essential curl file git

Linuxbrewのインストール(cent/ubuntu共通)

curlでLinuxbrewをインストールします。

sh -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Linuxbrew/install/master/install.sh)"

LinuxbrewへPATHを通す、環境変数を設定する(cent/ubuntu共通)

設定をbash_profileに書き込む

コマンドを一気にターミナルコピペで、いけます!

test -d ~/.linuxbrew && PATH="$HOME/.linuxbrew/bin:$HOME/.linuxbrew/sbin:$PATH"
test -d /home/linuxbrew/.linuxbrew && PATH="/home/linuxbrew/.linuxbrew/bin:/home/linuxbrew/.linuxbrew/sbin:$PATH"
test -r ~/.bash_profile && echo "export PATH='$(brew --prefix)/bin:$(brew --prefix)/sbin'":'"$PATH"' >>~/.bash_profile
echo "export PATH='$(brew --prefix)/bin:$(brew --prefix)/sbin'":'"$PATH"' >>~/.profile

これで完了です。

Linuxbrewがインストールされたか確認

helloをインストール(brew install)してみる

helloというモジュールをインストールしてみます!

ここで、not found brewなど出なければインストール完了です。

brew install hello

やっぱりbrew installで追加できるのは楽ですね。
Linuxbrewを使ってガンガンインストールしていきましょう!

ABOUT ME
ロッピー
コンサルタントから2018年にエンジニアに転向。年収400万円のサラリーマンエンジニアから、半年で月収100万円を稼ぐエンジニアになった。 Python、Golangなど単価の高い言語を得意とする。