settings

【初期セットアップ】エンジニア Macbook購入後の設定、環境構築、便利ツール!

mac-settings

Macbook買ったら必須の設定や環境構築、便利ツールを解説します!

フリーランスや業務委託で様々な会社に行くと決まって環境構築作業があるので、

私が最初にインストールするものや設定するものをまとめた!

いろんな現場に行くたびアップデートして、常に最新の状態にしておきます!

インストーラー:homebrew

いちいち、ツールの置いてあるWebサイトにいってダウンロードして展開して…

ってなると「あぁぁぁぁぁぁっーーーー!」ってなります!

なので、homebrewというインストーラーを入れます!

この先の手順では、homebrewがインストールされている前提ですのでここで必ずインストールしてください!

インストール手順

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

ターミナルを起動します。

上記コマンドをコピぺして実行します。

ターミナル:iterm2

Macに標準でついているターミナルだと、「おしゃれではないし、色々やりたいことが増えてくる」ときつくなってきます。

なので、高機能なiterm2をインストールします。

さきほど、インストールしたhomebrewを使えば簡単にインストールできます!

brew cask install iterm2

ターミナル設定:zsh

zshをインストールしておくと、デザインがよくなり、標準でgitやdockerに対応してくれるので、利便性がぐっーとあがります。

brew install zsh
sudo vi /etc/shells
/bin/bash
/bin/csh
/bin/ksh
/bin/sh
/bin/tcsh
/bin/zsh
/usr/local/bin/zsh ←追加
chsh -s /usr/local/bin/zsh

上記コマンド後にitermを開き直してください!

ターミナル設定:

git clone --recursive https://github.com/sorin-ionescu/prezto.git "${ZDOTDIR:-$HOME}/.zprezto"
setopt EXTENDED_GLOB
for rcfile in "${ZDOTDIR:-$HOME}"/.zprezto/runcoms/^README.md(.N); do
  ln -s "$rcfile" "${ZDOTDIR:-$HOME}/.${rcfile:t}"
done
vi ~/.zpreztorc
zstyle ':prezto:module:prompt' theme 'sorin'
↓に変更
zstyle ':prezto:module:prompt' theme 'powerline'
source ~/.zpreztorc

ターミナル設定:Ricty

brew tap sanemat/font
brew install --with-powerline ricty

cp -f /usr/local/opt/ricty/share/fonts/Ricty*.ttf ~/Library/Fonts/
fc-cache -vf

ターミナル設定:peco

過去に打ったコマンドを探す時に便利な設定です。

Ctrl + Rで履歴一覧が表示され、キーワードを入れると部分一致で検索してくれます。

brew install peco

インストールが完了したら、~/.zshrcに下記を入力します。

function peco-history-selection() {
    BUFFER=`history -n 1 | tail -r  | awk '!a[$0]++' | peco`
    CURSOR=$#BUFFER
    zle reset-prompt
}

zle -N peco-history-selection
bindkey '^R' peco-history-selection

Macの設定変更

finderのサイドバーにHOMEディレクトリを表示する

HOMEディレクトリはよくアクセスするので、サイドバーに表示しておくようにします。

つか、Appleがデフォルトで設定してくれればいいのに。

ライブ変換をオフ

Macのライブ変換が煩わしいのでオフします。

ソフトウェアのインストール

vscodeのインストール

基本的にエディタは、vscodeで十分だと思います。

また、私はメモをとるのもvsnotesというvscodeというプラグインを利用しています。

brew cask install visual-studio-code

node.jsのインストール

フロントエンジニアなら必須ですね。

とりあえず、nodebrewを使ってインストールします。

brew install nodebrew
export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
source ~/.zshrc
nodebrew setup
nodebrew install stable
nodebrew use vX.X.X(stableバージョンを入力する)
node -v
ABOUT ME
アバター
ロッピー
コンサルタントから2018年にエンジニアに転向。年収400万円のサラリーマンエンジニアから、半年で月収100万円を稼ぐエンジニアになった。 Python、Golangなど単価の高い言語を得意とする。