settings

Vim(Mac/Linux)で色をつけて見やすくする

ターミナルで、vim使っていると味気なくて楽しくない。

AtomやVscode、SublimeText3ならもっとハイライトしてくれて見やすいのに。

それ、Vimでもできます!

せっかくなので、今時のエディタっぽくVimでもソースコードをハイライトして見やすくしましょう。

  • Vimにテーマをインストールして見やすくする

Vimのテーマインストール前と後を見比べる

変更前(見にくい)

黒背景に白文字だけで、仮にタイポがあったとしても絶対見落としますよね。

vim

変更後(見やすい)

プログラムの意味に応じて、色わけしてくれます。

 

Vimの設定準備

vimの設定フォルダとファイルの整備

vim関連のファイルを配置する.vimディレクトリと色のテーマを配置するcolorsディレクトリを作成します。

mkdir ~/.vim; cd ~/.vim
mkdir colors

Vimのテーマ(molokai)をダウンロード

一つ一つ、色を変えていくのは大変なのでテーマをインストールして一気に変更してしまいましょう。

molokaiがおしゃれだなと思ったので、お勧めします。

git clone https://github.com/tomasr/molokai
mv molokai/colors/molokai.vim ~/.vim/colors/

Vimの設定

vimrcを編集していきます。

vim ~/.vimrc

vimrcファイルに下記のコードを追加しましょう。

highlightをオンにして、カラーは、『molokai』を使いますという指定をしています。

:syntax on
colorscheme molokai

たったこれだけで質素な見た目なvimが大変身します。

みなさんもやって見てください!

ABOUT ME
ロッピー
コンサルタントから2018年にエンジニアに転向。年収400万円のサラリーマンエンジニアから、半年で月収100万円を稼ぐエンジニアになった。 Python、Golangなど単価の高い言語を得意とする。